過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26916問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の剤型ごとの違い及び適切な使用方法に関する記述について、誤っているものはどれか。
   1 .
錠剤(内服)は、胃や腸で崩壊し、有効成分が溶出することが薬効発現の前提となるため、例外的な場合を除いて、口中で噛み砕いて服用してはならない。
   2 .
カプセルの原材料として広く用いられているゼラチンは、ブタ等のタンパク質を主成分としているため、ゼラチンに対してアレルギーを持つ人は使用を避ける等の注意が必要である。
   3 .
適用部位を水から遮断したい場合にはクリーム剤を用い、患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合等には軟膏剤を用いることが多い。
   4 .
貼付剤は、適用部位に有効成分が一定時間留まるため、薬効の持続が期待できる反面、適用部位にかぶれ等を起こす場合もある。
( 登録販売者試験 平成26年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は3です。

1…正しいです。
特に腸溶錠のように、腸内での溶解を目的をして錠剤表面をコーティングしているものは注意が必要です。

2…正しいです。
水なしで服用すると、ゼラチンが喉や食道に貼り付くことがあるので、必ず適切な量の水とともに服用することが大切です。

3…誤りです。
適用部位を水から遮断したい場合には「軟膏剤」を用い、患部が乾燥していたり、患部を水で洗い流したい場合等には「クリーム剤」を用いることが多いです。

4…正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
3.適用部位を水から遮断したい場合は軟膏剤を用い、患部が乾燥していたり、水で洗い流したい場合はクリーム剤を用いることが多いです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
3が正解です。

1.正しい記述です。
 口から内服する場合はたいてい全身作用を目的とされています。

2.正しい記述です。
 カプセル剤には粉末や顆粒だけでなく、液体を充填したものもあります。

3.洗い流したい場合にクリームを用います。逆が軟膏です。
 軟膏とクリームの違いは出題傾向が高いです。
 しっかり把握しておきましょう。

4.正しい記述です。
 腰や肩、背中などはがれにくい場所に用いられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。