過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26984問」を出題

問題

[ 設定等 ]
CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)及びCJD訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

b  CJDは、細菌でもウイルスでもないタンパク質の一種であるプリオンが原因とされ、プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。

c  CJD訴訟を契機に、国は医薬品副作用被害救済制度を創設した。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)誤
   2 .
(a)正   (b)誤   (c)正
   3 .
(a)正   (b)誤   (c)誤
   4 .
(a)誤   (b)正   (c)正
   5 .
(a)誤   (b)誤   (c)誤
( 登録販売者試験 平成28年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
正しい組み合わせは1です。

a.b.は問題文のとおりです。
誤っているc.についてですが、「医薬品副作用被害救済制度」はサリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機として1979年に創設されました。CJD訴訟を契機として創設されたものは「生物由来製品による感染等被害救済制度」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟です。
細菌でもウイルスでもないタンパク質の一種であるプリオンが原因とされ、プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病です。
CJD訴訟の和解に際して国は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による生物由来製品による感染等被害救済制度を創設しました。

よって、
aは問題文の通りなので正しい。
bも問題文の通りなので正しい。
cは「医薬品副作用被害救済制度」が「生物由来製品による感染等被害救済制度」となるので間違い。
となるので、1が正解です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:1(正 正 誤)

CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)及びCJD訴訟に関する問題です。

a 最初のCJD訴訟は1996年に、大津地裁で行われました。大津地裁や東京地裁に合わせて136件のCJD訴訟が提訴されましたが、2017年7月にすべての訴訟で和解が成立しています。

b 異常プリオン蛋白質は、牛海綿状脳症にかかった牛の特定危険部位を食して人体に移行したものとされています。

c 医薬品副作用被害救済制度ではなく、生物由来製品感染等被害救済制度が、2004年に創設されました。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。