過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27010問」を出題

問題

[ 設定等 ]
化粧品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  化粧品の直接の容器又は直接の被包には、「化粧品」の文字の表示が義務付けられている。

b  化粧品を業として販売する場合には、医薬品医療機器等法に基づく許可は必要なく、一般小売店において販売することができる。

c  化粧品の成分本質(原材料)については、原則として医薬品の成分を配合してはならないこととされており、配合が認められる場合にあっても、添加物として使用されているなど、薬理作用が期待できない量以下に制限されている。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)正
   2 .
(a)正   (b)誤   (c)誤
   3 .
(a)誤   (b)正   (c)正
   4 .
(a)誤   (b)正   (c)誤
   5 .
(a)誤   (b)誤   (c)正
( 登録販売者試験 平成28年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
正解は3です。

a…誤りです。
化粧品の直接の容器又は直接の被包に「化粧品」の文字を表示する義務はありません。

b…正しいです。
化粧品を販売等する場合は、医薬品のような販売業の許可は必要なく、一般小売店において販売等することができます。

c…正しいです。
薬理作用が期待できる量になってしまうと、化粧品ではなく医薬部外品となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は3です。

a→ 化粧品の容器又は被包には、「化粧品」の文字の表示は義務付けられていません。

b→ 化粧品は一般小売店において、医療品医療機器等法に基づく許可なく販売できます。

c→ 化粧品の目的は人体を清潔にしたり美化したりすることです。
そのため、人体に対する作用が緩和なものが使用されています。
医薬品の配合が認められる場合であっても、薬理作用が期待できない量以下に制限されています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:3(誤 正 正)

化粧品に関する問題

a 化粧品の直接の容器又は直接の被包には、名称や製造番号などは記載されなければなりませんが、「化粧品」という文字の記載は義務付けられていません。

b 問題文の通りです。医薬品医療機器等法では、医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器及び再生医療等製品について定義されています。化粧品には、医薬品のように販売に必要な許可がありません。

c 問題文の通りです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。