過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27011問」を出題

問題

[ 設定等 ]
薬局の開設及び医薬品の販売業の許可に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


a  薬局の開設及び医薬品の販売業の許可は、6年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。

b  薬局開設者が、配置による販売又は授与の方法で医薬品を販売等しようとする場合には、別途、配置販売業の許可を受ける必要はない。

c  医薬品医療機器等法第25条において医薬品の販売業の許可は、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。

d  卸売販売業の許可を受けた者は、業として一般の生活者に対して直接医薬品を販売することができる。
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、c)
   3 .
(b 、c)
   4 .
(b 、d)
   5 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成28年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
正解は2です。

a…正しいです。
法第24条第2項に規定されています。
「6年」の部分を5年や3年に変えて出題されることが多いので、しっかり覚えておきましょう。

b…誤りです。
薬局開設者や店舗販売業者が配置販売を行う場合は、別途配置販売業の許可が必要になります。

c…正しいです。

d…誤りです。
卸売販売業者の販売先は薬局または販売業に限られます。一般の生活者に対して直接医薬品を販売することはできません。


よって、a・cが正しい組み合わせとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は2です。

a→ 薬局の開設及び医薬品の販売業の許可の有効期限は6年であり、更新を受けなければ効力を失ってしまいます。

b→ 薬局開設者であっても配置販売業を行う場合には配置販売業の許可を受ける必要があります。

c→ 店舗販売業は調剤を行わない薬屋やドラックストアなどです。
配置販売業は販売員が消費者の家庭を訪問して配置箱を配置し、次回の訪問時に使用した分の代金を請求するという業態です。
卸売販売業は、医療機関や薬局に医薬品を卸売りする業態のことです。

d→ 卸売販売業は、医療機関や薬局に医薬品を卸売りする業態のことで、一般消費者へ直接販売はしません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。