過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27055問」を出題

問題

[ 設定等 ]
みずむし・たむし用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


a  クロトリマゾールは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。

b  ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑える。

c  シクロピロクスオラミンは、患部を酸性にすることで皮膚糸状菌の発育を抑える。

d  生薬成分として、カシュウ(タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬)が皮膚糸状菌の増殖を抑える作用を期待して用いられる。
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、d)
   3 .
(b 、c)
   4 .
(b 、d)
   5 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成28年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は1です。

a→ クロトリマゾールは、真菌感染治療薬の一つです。
真菌の働きを阻止し、菌を死滅させる抗真菌作用があります。

b→ ピロールニトリンは、抗真菌作用を持つ成分で、水虫などの治療に良く用いられます。
菌の代謝を阻止するため、水虫やたむしといった症状によく効きます。

c→ シクロピロクスオラミンも抗真菌作用があり、水虫用治療薬によく配合されています。
菌が増殖したりするために必要な物質が十分にいきわたらないようブロックする働きをします。
患部を酸性にすることで皮膚糸状菌の発育を抑える成分は、「ウンデシレン酸」や「ウンデシレン酸亜鉛」です。

d→ カシュウ(何首鳥)は、ツルドクダミの塊根を干したものから作られる成分です。頭皮の脂質を除去する作用があり、若白髪や脱毛といった症状に効果があるとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
みずむし・たむし用薬について、
・クロトリマゾールは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑えます。
・ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑えます。
・シクロピロクスオラミンは、皮膚糸状菌の細胞膜に作用して、その増殖・生存に必要な物質の輸送機能を妨げ、その増殖を抑えます。
・カシュウは、タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬で、頭皮の脂質代謝を高めて、余分な皮質を取り除く作用を期待して用いられています。

よって、
aは問題文の通りなので正しい。
bも問題文の通りなので正しい。
cは「患部を酸性にすることで皮膚糸状菌の発育を抑える」が「皮膚糸状菌の細胞膜に作用して、その増殖・生存に必要な物質の輸送機能を妨げ、その増殖を抑える」となり間違い。
dは「皮膚糸状菌の増殖を抑える」が「頭皮の脂質代謝を高めて、余分な皮質を取り除く」となり間違い。
となるので、1の組み合わせが正解です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
解答:1

a.正
クロトリマゾールは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑えます。
刺激感や腫れなどを感じることがあります。

b.正
ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑えます。
効果は弱いため、単独では使用せず、他の抗真菌成分と配合されて使用されます。

c.誤
シクロピロクスオラミンは、角質層への親和性にすぐれ、皮膚糸状菌の細胞膜の増殖を抑え、抗菌作用をあらわします。

d.誤
カシュウは漢方では滋養強壮、軽度の便秘、高脂血症として使われ、頭皮の余分な脂質を除去する作用があるため育毛剤などに配合されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。