過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27058問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の滋養強壮保健薬の配合成分とその目的とする作用のうち、正しいものの組合せはどれか。


a  ヘスペリジン ―――――――――――― 骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す

b  アスパラギン酸ナトリウム ―――――― 軟骨成分を形成及び修復する

c  グルクロノラクトン ――――――――― 肝臓の働きを助け、肝血流を促進する

d  アミノエチルスルホン酸(タウリン) ― 肝臓機能を改善する
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、c)
   3 .
(b 、c)
   4 .
(b 、d)
   5 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成28年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
正解は5です。

a→ ヘスペリジンは柑橘類の果皮に多く含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。
ビタミン様物質の一つで、ビタミンPとも呼ばれます。
血管に作用し、末梢血管を強くしたり血流を良くする働きをします。

b→ アスパラギン酸ナトリウムは、アミノ酸の一種で、乳酸の分解を助けるため、疲労回復効果があります。
さらには解毒作用もあり、アンモニアを体外に排出させる働きもします。
名前からもイメージしやすいように、アスパラガスの中に多く含まれていることで有名な成分です。

c→ グルクロノラクトンは、肝機能改善に効果があることでよく知られています。
脳や肝臓に作用して血流を良くし、体内にたまった老廃物を体外に排出するのを助けます。

d→ アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、体内にたまった毒の分解を助ける働きをします。
肝臓の働きを強め、肝細胞の再生を促進します。
疲れがたまった時に摂取すると、疲労回復効果をより実感しやすくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
滋養強壮保健薬について、
・ヘスペリジンは、ビタミン様物質の1つで、ビタミンCの吸収を助ける等の作用があります。
・アスパラギン酸ナトリウムは、生体におけるエネルギーの産生効率を高め、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の作用があります。
・グルクロノラクトン は、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する作用があります。
・アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、肝臓機能を改善する作用があります。

よって
aは「骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す」が「ビタミンCの吸収を助ける」となり間違い。
bは「軟骨成分を形成及び修復する」が「生体におけるエネルギーの産生効率を高め、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す」となり間違い。
cは問題文の通りなので正しい。
dも問題文の通りなので正しい。
となるので、5の組み合わせが正解です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
解答:5

a.誤
ヘスペリジンは柑橘類に多く含まれるポリフェノールで、ビタミンPとも呼ばれています。血流改善作用や血中コレステロール値の改善作用などがあります。

b.誤
アスパラギン酸ナトリウムは、アミノ酸のひとつで、エネルギー源として利用され易い構造をしています。

c.正
グルクロノラクトンは疲労の原因となっている老廃物を効率的に排出させるグルクロン酸を助けることで、滋養強壮作用をあらわします。

d.正
アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、体内のいろいろな所に存在し、特に、心臓、筋肉、脳、肝臓などに多く含まれており、肝臓機能を改善する作用などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。