過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28910問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分のうち、消化管の平滑筋に直接働き、胃腸の痙攣を鎮める作用を有するものはどれか。
   1 .
ロートエキス
   2 .
パパベリン塩酸塩
   3 .
メチルオクタトロピン臭化物
   4 .
メチルベナクチジウム臭化物
   5 .
ブチルスコポラミン臭化物
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分に関する問題

正解ー2:パパベリン塩酸は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示します。なお、抗コリン成分と異なり、胃液分泌を抑える作用は見出されていません。

1:ロートエキス
3:メチルオクタトロピン臭化物
4:メチルベナクチジウム臭化物
5:ブチルスコポラミン臭化物
これらは全て抗コリン成分です。副交感神経の働きを抑え、過敏な胃腸の運動・胃酸分泌 を抑えます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
1 ×:ロートエキスは、副交感神経系の働きを抑え、胃腸の過剰な動きや胃液分泌を抑制します。

2 〇:パパベリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働き、胃腸の痙攣を鎮めます。

3 ×:メチルオクタトロピン臭化物は、胃腸の痙攣や胃液の分泌を抑え、痛みを和らげます。

4 ×:メチルベナクチジウム臭化物は、胃腸の痙攣や胃液の分泌を抑え、痛みを和らげます。

5 ×:ブチルスコポラミン臭化物は、胃腸の痙攣や胃液の分泌を抑え、痛みを和らげます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
解答:2

1.誤
ロートエキスは抗コリン成分で、アセチルコリンを抑えることで消化管の運動を抑え、胃液の分泌を抑制します。

2.正
パパベリン塩酸塩は消化管の平滑筋に直接働き、胃腸の痙攣を鎮める作用があります。

3.誤
メチルオクタトロピン臭化物は抗コリン成分です。
また母乳に移行することがあるため、授乳中は服用を避けます。

4.誤
メチルベナクチジウム臭化物は抗コリン成分です。
服用後は目のかすみや眠気が起こることがあるため、運転や機械類の操作などは避けるようにします。

5.誤
ブチルスコポラミン臭化物は抗コリン成分です。
心臓病や緑内障の患者には、悪化させるおそれがあるため、使用前に医師への相談が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。