過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28934問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ピレスロイド系殺虫成分に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

除虫菊の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。主な成分の一つとして、( a )がある。殺虫作用は、( b )を阻害することによるものである。
   1 .
a ペルメトリン   b 神経伝達
   2 .
a メトプレン    b 幼虫の成長
   3 .
a ジクロルボス   b 神経伝達
   4 .
a メトプレン    b 神経伝達
   5 .
a ペルメトリン   b 幼虫の成長
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
ピレスロイド系殺虫成分に関する問題

正解ー1: 除虫菊の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。主な成分の一つとして、a(ペルメトリン)がある。殺虫作用は、b(神経伝達)を阻害することによるものである。

ピレスロイド系殺虫成分(ペルメトリンなど)の殺虫作用は、昆虫の神経細胞に直接作用して神経伝達を阻害することによるものです。

メトプレンは昆虫成長阻害成分で、幼虫が蛹(さなぎ)になるのを妨げます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
除虫菊の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられています。
主な成分の一つとして、( a :ペルメトリン)があります。
殺虫作用は、( b: 神経伝達)を阻害することによるものです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:1 a ペルメトリン b 神経伝達

ピレスロイド系殺虫成分に関する穴埋め問題

問題文の通りです。

メトプレンは昆虫成長阻害成分で、幼虫が蛹になるのを防ぐ作用があります。

ジクロルボスは有機リン系殺虫成分で、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害することで殺虫作用を示します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。