過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28945問」を出題

問題

[ 設定等 ]
外皮系に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  角質層は、細胞膜が丈夫な線維性のセラミドでできた板状の角質細胞と、ケラチンを主成分とする細胞間脂質で構成されている。

b  汗腺には、腋窩等の毛根部に分布するエクリン腺と、手のひら等毛根がないところも含め全身に分布するアポクリン腺の二種類がある。

c  メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラノサイトで産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。

d  真皮は、線維芽細胞とその細胞で産生された線維性のタンパク質からなる結合組織の層で、毛細血管や知覚神経の末端が通っている。
   1 .
( a、b )
   2 .
( a、c )
   3 .
( b、d )
   4 .
( c、d )
( 登録販売者試験 平成27年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
a.誤りです。セラミドとケラチンが逆になっています。角質層は線維性の蛋白質(ケラチン)でできた角質細胞とセラミドを主成分とする細胞間脂質で構成されています。
b.誤りです。アポクリン腺が腋窩等の毛根部に分布するもので、エクリン腺は毛根のないところも含め、全身に分布しています。汗はエクリン腺から分布され、体温調節を行っております。
c.正しい文章です。メラニン色素はメラノサイトで産出され、紫外線から皮膚組織を保護する役割があります。過剰な産生により、シミやそばかすとなり、沈着する場合もあります。
d.正しい文章です。それに加え、真皮は皮膚に弾力と強さを与えています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
外皮系に関する問題

正解ー(c、d):メラニン色素の防護能力を超える量の紫外線を浴びると肌は損傷し、メラノサイトの活性化によってメラニン色素の産生が過剰になって、しみ・そばかすの原因となります(c)。
線維性のタンパク質にはコラーゲン・フィブリン・エラスチンなどがあります(d)。

a:角質層は、細胞膜が丈夫な線維性のケラチン(タンパク質)でできた板状の角質細胞と、セラミド(リン脂質の一種)を主成分とする細胞間脂質で構成されています。

b:問題文はエクリン腺とアポクリン腺が逆になっています。汗はほとんどエクリン腺から分泌されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。