過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28955問」を出題

問題

[ 設定等 ]
呼吸器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。


a  鼻腔の内壁にある粘液分泌腺から分泌される鼻汁は、鼻から吸った空気に湿り気を与えたり、粘膜を保護するため、常に少しずつ分泌されている。

b  喉頭の後壁にある扁桃はリンパ組織が集まってできていて、気道に侵入してくる細菌、ウイルス等に対する免疫反応が行われる。

c  咽頭は、喉頭と気管の間にある円筒状の器官で、軟骨の突起した部分がいわゆる「のどぼとけ」である。

d  肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織を間質という。
   1 .
a 正   b 誤   c 正   d 誤
   2 .
a 正   b 誤   c 誤   d 正
   3 .
a 誤   b 誤   c 正   d 誤
   4 .
a 正   b 正   c 誤   d 誤
   5 .
a 誤   b 誤   c 誤   d 正
( 登録販売者試験 平成27年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
32
評価しない
a.正しい文章です。
b.誤りです。扁桃があるのは喉頭ではなく、咽頭の後壁です。
c.誤りです。喉頭と咽頭が逆になっています。喉頭は咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官です。
d.正しい文章です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
解答:2

a.正
鼻汁にはリゾチームという酵素が含まれ、この酵素には細菌などに対して溶菌作用があります。

b.誤
喉頭の後壁ではなく、咽頭の後壁に扁桃はあります。扁桃は気道に侵入してきた細菌やウイルスに対して免疫反応を行ないます。

c.誤
喉頭は咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた器官です。この軟骨が突起した部分がのどぼとけです。

d.正
肺胞は気管支の先端にある球状に膨らんだ部分で、毛細血管が網目状に張り巡らされています。その肺胞と肺胞の間が間質です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。