過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31597問」を出題

問題

[ 設定等 ]
循環器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 肺でのガス交換が行われた血液は、心臓の左心房、左心室に入り、そこから全身に送り出される。

b 血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や血中脂質量で決まり、赤血球の量はほとんど影響を与えない。

c 脾臓には、リンパ球が増殖、密集する組織( リンパ組織 )があり、血流中の細菌やウイルス等の異物に対する免疫応答に関与する。
 
d リンパ球は、血管壁を通り抜けて組織の中に入り込むことができ、組織の中ではマクロファージ( 貪食細胞 )と呼ばれる。
   1 .
( a )正 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
   2 .
( a )正 ( b )誤 ( c )誤 ( d )正
   3 .
( a )正 ( b )誤 ( c )正 ( d )誤
   4 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )正
   5 .
( a )誤 ( b )正 ( c )正 ( d )誤
( 登録販売者試験 平成29年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
62
評価しない
a この文のまましっかり理解しましょう。循環の順は頻出です。
b この問題も頻出です。血液の粘稠性は、血中脂質量はあまり影響を与えず、血漿の水分量や赤血球の量で決まるとされていますので、おさえておきましょう。
d 「単球」が正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
答:3

a:正  心臓の右側部分(右心房、右心室)は、全身から集まってきた血液を肺へ送り出します。右心房→右心室→肺→左心房→左心室→全身→右心房...のように、血液は心臓がポンプの役目を果たすことによって循環しています。

b:誤  血中脂質量と赤血球が逆です。なお、脂質異常症や動脈硬化症に伴う血行障害は、血管の病変によるものであり、血液自体の粘稠性とは直接関係しません。

c:正  脾臓には、古くなった赤血球を濾し取って処理する働きもあります。

d:誤  リンパ球が誤りです。正しくは単球です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。