過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31613問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の副作用として生じる間質性肺炎及び喘息に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 間質性肺炎は、症状が一過性に現れ、自然と回復することもあるが、悪化すると肺線維症( 肺が線維化を起こして硬くなる状態 )に移行することがある。

b 間質性肺炎は、医薬品の使用開始から 1~2 週間程度で起きることが多く、必ずしも発熱は伴わない。

c 喘息は、原因となる医薬品の使用後、短時間( 1時間以内 )のうちに鼻水・鼻づまりが現れ、続いて咳、喘鳴及び呼吸困難を生じる。

d 喘息は、合併症の有無にかかわらず、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失しても症状は寛解しない。
   1 .
( a )正 ( b )正 ( c )正 ( d )誤
   2 .
( a )正 ( b )正 ( c )誤 ( d )正
   3 .
( a )正 ( b )誤 ( c )正 ( d )誤
   4 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )誤 ( d )誤
   5 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )正
( 登録販売者試験 平成29年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
d 原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば、合併症を起こさないかぎり症状は寛解しますので、誤りです。a~cも間質性肺炎に関する基本的知識なので、おさえておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
答:1

a:正  間質性肺炎は肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたもので、発症すると、体内は低酸素状態となります。

b:正  間質性肺炎の症状は、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等で、これらの症状は、かぜや気管支炎の症状と区別が難しいことがあります。

c:正  これらの症状は時間とともに悪化し、顔面の紅潮や目の充血、吐きけ、腹痛、下痢等を伴うこともあります。

d:誤  合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば症状は寛解します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。