過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31644問」を出題

問題

[ 設定等 ]
胃の薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 胆汁末は、肝臓の働きを高める作用もあるとされるが、肝臓病の診断を受けた人ではかえって症状を悪化させるおそれがある。

b 制酸成分は、かぜ薬等でも配合されていることが多く、併用によって制酸作用が強くなりすぎる可能性があるほか、高マグネシウム血症等を生じるおそれがある。

c オウバクが配合された散剤は、苦味が強いので、オブラートに包んで服用するとよい。

d スクラルファートは、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的として用いられる。
   1 .
( a、b )
   2 .
( a、c )
   3 .
( a、d )
   4 .
( b、d )
   5 .
( c、d )
( 登録販売者試験 平成29年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
54
評価しない
abの内容はあっています。
cは間違っていて、生薬成分を含む健胃薬は、味や香りも感じる方法で効果が発揮されるとされ、それらをオブラードで包むなどで遮蔽してしまう服用は適当ではありません。
dも誤りで、スクラルファートは胃粘膜保護、修復成分です。よく出る成分なので、おさえておきましょう。記述の成分は「消化剤」に関してです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
解答:1

a.正
肝臓病の中には、利胆作用により症状が悪化するおそれがあるものもあります。

b.正
制酸剤にはアルミニウム、マグネシウム、カルシウムを含むものが多いので、無機塩類の取りすぎによる症状に注意し、長期連用などは避けるようにします。

c.誤
生薬の味や香りも健胃作用が期待できるため、オブラートなどで遮蔽しないようにします。

d.誤
スクラルファートは、胃酸などから胃粘膜を保護したり、粘膜を修復する作用があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。