過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39592問」を出題

問題

[ 設定等 ]
消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  大腸の粘膜上皮細胞は、腸内細菌が食物繊維を分解して生じる栄養分を、その活動に利用している。
b  通常、糞便は直腸に滞留している。
c  大腸では、水分とナトリウム、カリウム、リン酸等の電解質の吸収が行われる。
d  肛門は、直腸粘膜が皮膚へと連なる体外への開口部であり、直腸粘膜と皮膚の境目になる部分には歯状線と呼ばれるギザギザの線がある。
   1 .
a:誤  b:正  c:誤  d:誤
   2 .
a:正  b:誤  c:正  d:正
   3 .
a:誤  b:正  c:正  d:正
   4 .
a:誤  b:誤  c:誤  d:正
   5 .
a:正  b:誤  c:正  d:誤
( 登録販売者試験 平成30年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
答:2

a:正  そのため、大腸が正常に働くためには腸内細菌の存在が重要です。

b:誤  通常、糞便は下行結腸、S状結腸に滞留しています。

c:正  入ってきたときかゆ状だった内容物は、腸管内を通過するに従って水分などが吸収され、固形状になります。

d:正  歯状線より内側(直腸側)は痛みを感じませんが、外側(肛門側)は痛みに敏感です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
解答:2

a.正
腸内細菌のバランスが崩れると、便がゆるくなるなど体調が悪化するため、食物繊維を多く含む食事をとるなど、日常生活に気を遣うことが大切です。

b.誤
通常、直腸には何も入っていません。糞便が直腸を刺激することで、便意を感じます。

c.正
主な栄養の吸収は小腸で行われ、大腸では水分と電解質の吸収が行われます。

d.正
肛門周辺には肛門括約筋があり、排便を調節することができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。