過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39603問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の有効成分の代謝及び排泄(せつ)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  多くの医薬品の有効成分は、血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成しており、その複合体は腎臓で濾過されないため、医薬品の有効成分が長く循環血液中に留まることとなり、作用が持続する原因となる。
b  経口投与後、消化管で吸収された有効成分は、全身循環に入る前に門脈という血管を経由して肝臓を通過するため、吸収された有効成分は、まず肝臓に存在する酵素の働きにより代謝を受ける。
c  肝初回通過効果とは、全身循環に移行する有効成分の量が、消化管で吸収された量よりも肝臓で代謝を受けた分だけ少なくなることをいう。
   1 .
a:正  b:正  c:正
   2 .
a:誤  b:誤  c:正
   3 .
a:誤  b:誤  c:誤
   4 .
a:正  b:正  c:誤
   5 .
a:誤  b:正  c:正
( 登録販売者試験 平成30年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
答:1

a:正  複合体は代謝や分布が制限されるため、血中濃度の低下も徐々に起こります。

b:正  最近の研究では、小腸などの消化管粘膜や腎臓にも強い代謝活性があることがわかってきました。

c:正  肝機能が低下した人では、代謝能力が低いため、効き目が過剰に現れたり、副作用を生じやすくなったりします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
解答:1

a.正
血漿タンパク質と複合体を形成した有効成分は腎臓で濾過されないため、未変化体などに比べて長く作用を持続します。

b.正
肝機能が低下した人は、肝臓での代謝能力が低いため、有効成分の血中濃度が高くなり副作用などが生じやすくなるおそれがあります。

c.正
全身に循環する有効成分の量は、消化管で吸収された有効成分の量より肝臓で代謝を受けた分だけ少なくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。