過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

通関士「通関業法」の過去問を出題

問題

次の記述は、通関業法第1条( 目的 )の規定に関するものであるが、( イ )に入れるべき最も適切な語句を下の選択肢( 1~15 )から選びなさい。

通関業法は、( イ )についてその業務の( ロ )、通関士の設置等必要な事項を定め、その業務の( ハ )な運営を図ることにより、関税の( ニ )その他貨物の( ホ )に関する手続の( ハ )かつ迅速な実施を確保することを目的とする。
   1 .
安定的
   2 .
確定
   3 .
基準
   4 .
規制
   5 .
効率的
   6 .
処理
   7 .
申告納付
   8 .
徴収
   9 .
通関
   10 .
通関業務を行う者
   11 .
通関業を営む者
   12 .
適正
   13 .
取引
   14 .
自ら貨物の輸出入手続きを行う者
   15 .
輸出及び輸入
( 通関士試験 第49回(平成27年) 通関業法 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
問題1 <目的> イ
 正解は11・通関業を営む者

【解説】
  国際間の貿易は、関税法に従って貨物輸出入の許可を受け、税関を通過(通関)しなければなりません。通関業務は、税関長の許可を受けた通関業務を仕事にする業者(ほとんど商社などの法人)が、通関業法に則って手続業務を代行します。

 それを通関業法には、第1章総則で「(イ)についてその業務…」と、通関業者のことから書き出し、目的を通関手続として、業務は業者に任せ、実務は国家資格を持つ通関士が行うなど、適正かつ迅速な運用を義務付けています。

 したがって(イ)にふさわしい語句候補は、「10・通関業務」を行う者▽「11・通関業を営む者」▽「14・自ら貨物の輸出入手続きを行う者」―の3つが挙げられます。

 その中で「10・通関業務を行う者」は通関士のことなので×。次の「11通関業を営む者」は通関業者(法人でも個人でも可)のことですから○。
 また、「14・自ら輸出入手続き行う者」は通関業務を個人で行う直接貿易のことをいっており、法人は含まれないので×となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この通関士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。