過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

通関士「第49回(平成27年)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 105問 正解) 全問正解まであと105問
次の記述は、輸出してはならない貨物に関するものであるが、その記述の誤っているものはどれか。一つを選びなさい。
 1 . 
麻薬及び向精神薬のうち、関税関係法令以外の法令の規定により輸出することができることとされている者が当該法令の定めるところにより輸出するものは、関税法第69条の2第1項に規定する輸出してはならない貨物に該当しない。
 2 . 
回路配置利用権を侵害する物品は、関税法第69条の2第1項に規定する輸出してはならない貨物に該当しない。
 3 . 
関税法第69条の2第1項第4号に規定する物品について、輸出差止申立てを行おうとする不正競争差止請求権者は、経済産業大臣の意見を求め、その意見が記載された書面を税関長に提出しなければならない。
 4 . 
商標権者が、自己の商標権を侵害すると認める貨物について輸出差止申立てを行う場合において、当該申立てが効力を有する期間として希望することができる期間は4年以内に限ることとされている。
 5 . 
税関長は、育成者権を侵害する貨物に該当するか否かについての認定手続において、その認定をするために必要があると認めるときは、農林水産大臣に対して、当該認定のための参考となるべき意見を求めることができる。
 6 . 
該当なし。
( 通関士試験 第49回(平成27年) 関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は6です。

1.麻薬及び向精神薬のうち、他法令により輸出することができる場合、輸出してはならない貨物に該当しません。

2.回路配置利用権を侵害する物品は、輸入してはならない貨物には該当しますが、輸出してはならない貨物には該当しません。

3.不正競争差止請求権者は、輸出差止申立てに際して、経済産業大臣の意見書を提出しなければなりません。

4.輸出差止申立てが効力を有する期間として希望することができる期間は、4年以内に限るとされています。

5.税関長は育成者権侵害物品について、農林水産大臣に認定のための参考となるべき意見を求めることができます。
評価後のアイコン
2019/02/01 18:01
ID : qpjfwpweg
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この通関士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。