薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16475問 出題

問題

我が国の死亡統計において、1985年以降緩やかな上昇傾向を示している指標はどれか。1つ選べ。
 1 . 
妊産婦死亡率
 2 . 
周産期死亡率
 3 . 
乳児死亡率
 4 . 
粗死亡率
 5 . 
年齢調整死亡率

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
選択肢1:×
出産に対する医療体制は整っており、死亡率は増えているわけではありません。

選択肢2:×
出産に対する医療体制は整っており、死亡率は増えているわけではありません。

選択肢3:×
乳児への医療体制は整っており、死亡率は増えているわけではありません。

選択肢4:○
日本は高齢化が進んでおり、高齢者の死亡率が高いため、上昇すると考えられます。

選択肢5:×
補正しているため、上昇するわけではないと考えられます。
評価後のアイコン
2015/11/06 17:22
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:4

1 妊産婦死亡率とは、妊産婦10万人中の死亡数のことです。1960年代以降は病院での出産が増え、妊産婦死亡率は低下の傾向にあります。

2 周産期死亡率は、妊娠満 22週以後の死産と生後1週未満の早期新生児死亡を合わせたものです。こちらも現在は減少傾向にあります。

3 乳児死亡率とは、年間の1000出産当たりの乳児(生後1年未満)の死亡数を指します。こちらも現在は減少傾向にあります。

4 粗死亡率とは、一定期間の死亡者数÷その期間の人口で表されます。少子化が進み高齢者の割合が殖えてきている日本では現在、増加傾向にあります。

5 年齢調整死亡率は、人口構成が基準人口と同じと仮定した場合の死亡率のことです。こちらも減少傾向にありますが、緩やかな低下となっています。
評価後のアイコン
2017/05/18 20:45
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。