薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16497問 出題

問題

Bcr-Abl チロシンキナーゼを阻害し抗悪性腫瘍作用を示す薬物はどれか。1つ選べ。
 1 . 
メトトレキサート
 2 . 
イマチニブ
 3 . 
ブレオマイシン
 4 . 
ゲフィチニブ
 5 . 
イリノテカン

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解:2

1 メトトレキサートはジヒドロ葉酸還元酵素を阻害することでDNAの合成を阻害します。白血病やリウマチの治療に用いられます。副作用として間質性肺炎や口内炎が現れやすい薬物です。

2 イマチニブはBcr-Ablチロシンキナーゼ阻害薬です。慢性骨髄性白血病に適応を持ちます。

3 ブレオマイシンは活性酸素を発生させ非酵素的にDNA鎖を切断します。G2期やM期に対する効果が強く、扁平上皮癌などに適応を持ちます。有名な副作用として肺繊維症や間質性肺炎があります。

4 ゲフィチニブはEGFRチロシンキナーゼを選択的に阻害します。非小細胞癌などに適応を持ちます。有名な副作用に急性肺障害、間質性肺炎があります。

5 イリノテカンはトポイソメラーゼⅠを阻害しDNAの合成を阻害します。細胞周期のS期に作用し、主に小細胞肺癌や卵巣癌などに適応を持ちます。
代表的な副作用は骨髄抑制、重症の下痢です。
評価後のアイコン
2017/05/19 20:46
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1、メトトレキサートは葉酸代謝拮抗薬で、ジヒドロ葉酸還元酵素を阻害し、プリン生合成系を抑制し、DNA合成を阻害します。

2、イマチニブは分子標的薬で、Bcr-Ablチロシンキナーゼを阻害します。フィラデルフィア染色体が生成する、チロシンキナーゼ活性が亢進されたBcr-Abl遺伝子陽性細胞の増殖を抑制することで抗腫瘍作用を示します。

3、ブレオマイシンは放線菌によって産生される抗悪性腫瘍薬で、活性酸素を発生させ、非酵素的にDNA鎖を分解することで、DNA合成を阻害します。

4、ゲフィチニブは分子標的薬で、上皮成長因子受容体(EGRF)のチロシンキナーゼを選択的に阻害することで、抗腫瘍作用を示します。

5、イリノテカンはカンレンボク(喜樹)由来の抗腫瘍性アルカロイドであるカンプトテシンから合成された抗悪性腫瘍薬で、トポイソメラーゼⅠを阻害し、DNA合成を阻害します。

よって、回答は2です。
評価後のアイコン
2014/11/29 08:54
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。