過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Bcr-Abl チロシンキナーゼを阻害し抗悪性腫瘍作用を示す薬物はどれか。1つ選べ。

 1 . 
メトトレキサート
 2 . 
イマチニブ
 3 . 
ブレオマイシン
 4 . 
ゲフィチニブ
 5 . 
イリノテカン
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1、メトトレキサートは葉酸代謝拮抗薬で、ジヒドロ葉酸還元酵素を阻害し、プリン生合成系を抑制し、DNA合成を阻害します。

2、イマチニブは分子標的薬で、Bcr-Ablチロシンキナーゼを阻害します。フィラデルフィア染色体が生成する、チロシンキナーゼ活性が亢進されたBcr-Abl遺伝子陽性細胞の増殖を抑制することで抗腫瘍作用を示します。

3、ブレオマイシンは放線菌によって産生される抗悪性腫瘍薬で、活性酸素を発生させ、非酵素的にDNA鎖を分解することで、DNA合成を阻害します。

4、ゲフィチニブは分子標的薬で、上皮成長因子受容体(EGRF)のチロシンキナーゼを選択的に阻害することで、抗腫瘍作用を示します。

5、イリノテカンはカンレンボク(喜樹)由来の抗腫瘍性アルカロイドであるカンプトテシンから合成された抗悪性腫瘍薬で、トポイソメラーゼⅠを阻害し、DNA合成を阻害します。

よって、回答は2です。

2014/11/29 08:54
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。