過去問.com
過去問.com  >   薬剤師 過去問  >   過去問題 一覧  >   薬剤師 過去問 第99回 一覧  >   必須問題 問題16512
問題

薬剤師 過去問
必須問題 問題16512

消化管障害の軽減を目的としたプロドラッグはどれか。1つ選べ。

 1 . 
テモカプリル塩酸塩
 2 . 
ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
 3 . 
アセメタシン
 4 . 
カンデサルタンシレキセチル
 5 . 
エリスロマイシンステアリン酸
この薬剤師 過去問の解説(3件)
0

正解:3

プロドラッグとは投与されると代謝を受けて活性代謝物へと変化し薬効を示す薬物のことです。

1 テモカプリル塩酸塩は脂溶性を上げ、生体膜透過性を高めることで吸収性を増大させたものです。

2 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウムは水溶性を高め、溶解性を改善したものです。

3 アセメタシンはNSAIDsの代表的な副作用である消化管障害を防ぐ目的でインドメタイシンをプロドラッグ化したものです。

4 カンデサルタンシレキセチルは脂溶性を高め、消化管からの吸収を高めたものです。

5 エリスロマイシンステアリン酸塩は、エステル化することによって胃内での安定性を高めたものです。

2017/05/19 22:48
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【3】

1.胆汁・腎排泄型のACE阻害剤です。脂溶性を高めて生体膜透過性を高めるためプロドラッグ化されています。

2.水溶性の副腎皮質ホルモン製剤で、注射剤として用いられます。溶解度を改善する目的でプロドラッグ化されています。

3.NSAIDsです。インドメタシンのプロドラッグであり、NSAIDsの代表的な副作用である消化管障害を防ぐ目的でプロドラッグ化されています。

4.持続性のARBです。吸収率を高めるためにプロドラッグ化されています。

5.マクロライド系抗生物質です。胃酸で分解されるのを防ぐ目的でプロドラッグ化されています。

2016/08/29 23:38
ID : ukamahrst
-1

正解【3】
プロドラッグとは、薬効を発揮するにあたってその薬剤の障害を取り除くために、分子構造を一部化学修飾し、体内ではその薬物が発揮できる化合物の事を言います。

1.テモカプリル塩酸塩はアンジオテンジン変換酵素阻害薬に分類され、末梢血管の拡張することにより高血圧の降圧の作用があります。

2.水溶性を高めて、溶解性改善します。副腎脂質ホルモン剤として使用されます。

3.エステル化により胃内では作用せず、消化性の潰瘍の誘発を防止します。

4.ダブルエステル化による脂溶性付加と急速な加水分解性付加の機能をし、脂溶性を増大させ、消化管からの吸収を改善します。

5.エステル化により、胃酸中での溶解性を抑制し、胃内での安定性を増加します。

2015/01/08 23:10
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
この問題に関連する授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。