薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16513問 出題

問題

鉄欠乏性貧血において、上昇する検査値はどれか。1つ選べ。
 1 . 
フェリチン
 2 . 
血清鉄
 3 . 
ヘマトクリット
 4 . 
ヘモグロビン
 5 . 
総鉄結合能

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【5】

鉄欠乏性貧血とは、体内の鉄が不足し、ヘモグロビンが合成できずに貧血が生じることをいいます。

体内の鉄は、トランスフェリンと呼ばれる蛋白と結合した状態で存在しています。
総鉄結合能は、血液中のトランスフェリンが鉄と結合できる総鉄量を表しています。

しかし鉄が不足すると、体内で鉄不足を解消しようと消化管からの鉄の吸収を亢進させたり、鉄を効率よく運べるように血液中のトランスフェリンの量を増して欠乏を解消させようとします。
よって、鉄欠乏性貧血時は総鉄結合能が高い値を示すようになります。
評価後のアイコン
2015/01/10 20:03
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:5

1 フェリチンとは貯蔵鉄のことで鉄欠乏性貧血の場合、貯蔵鉄は消費されるため減少します。

2 血清鉄は鉄欠乏性貧血の場合、減少します。

3 ヘマトクリット値とは血液中に占める血球の体積の割合のことで、鉄欠乏性貧血の場合、赤血球は減少するためヘマトクリット値も減少します。

4 ヘモグロビンは赤血球の成分であり、鉄欠乏性貧血の場合、赤血球は減少するのでヘモグロビンも減少します。

5 総鉄結合能とは血清中のトランスフェリンと結合できる鉄の量を表すものです。鉄欠乏性貧血の場合、鉄を血中に補うためにトランスフェリンと結合している鉄をどんどん供給に回すため、鉄と結合していないトランスフェリンは増加します。よって総鉄結合能も増加します。
評価後のアイコン
2017/05/19 22:57
ID : vycbkjhj
評価する
0
評価しない
正解【5】

1.フェリチンは水溶性の鉄貯蔵蛋白です。予備の鉄分の指標なので、下がります。

2.鉄欠乏性ですので当然下がります。

3.ヘマトクリットは血液中に占める赤血球の全容積の割合です。赤血球の成分であるヘモグロビンは、鉄が不足すると作れません。よって赤血球も作られず下がります。

4.上でも書いた理由からヘモグロビン量は下がります。

5.総鉄結合能は血清中のすべてのトランスフェリンが結合できる鉄の量のことです。血清鉄はトランスフェリンと結合して存在します。通常トランスフェリンは1/3は鉄と結合して存在し、2/3は鉄と結合せずに存在します。鉄が不足すると、鉄と結合していないトランスフェリンが増加するので、総鉄結合能は増加します。
評価後のアイコン
2016/08/29 23:58
ID : ukamahrst
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。