過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

不眠症の適応を有する薬物のうちメラトニン受容体を介して効果を発現するのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
ゾルピデム酒石酸塩
 2 . 
ゾピクロン
 3 . 
ラメルテオン
 4 . 
リルマザホン塩酸塩水和物
 5 . 
トリアゾラム
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1、ゾルピデムは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。作用機序はGABA-A受容体のベンゾジアゼピン受容体に結合し、GABAの作用を増強する事によります。

2、ゾピクロンは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。作用機序はゾルピデムと同様です。

3、ラメルテオンはメラトニン受容体作動薬で、不眠症の適応を持ちます。

4、リルマザホンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、作用機序はゾルピデムと同様です。

5、トリアゾラムはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、作用機序はゾルピデムと同様です。

よって回答は3となります。

2014/11/29 11:22
ID : sbsbrdfeu
-1

正解【3】

1.ゾルピデム酒石酸塩は、ベンゾジアゼピン受容体を介し、睡眠導入に作用します。

2.ゾピクロンは、非ベンゾジアゼピン系の薬です。ベンゾジアゼピン受容体で脳の機能を抑制させ、睡眠導入に作用させます。

3.ラメルテオンは、メラトニン受容体に作用します。睡眠のリズムを整えます。この記述が正解です。

4.リルマザホンは、ベンゾジアゼピン受容体で、脳機能の抑制を作用させます。

5.トリアゾラムは、ベンゾジアゼピン系薬で脳の機能を抑制させ、入眠を促します。

2015/01/18 21:38
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。