薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16519問 出題

問題

バセドウ病に関する記述のうち正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
体重増加を認める
 2 . 
脈拍数が減少する
 3 . 
発汗が抑制される
 4 . 
血清 TSH 値が増加する
 5 . 
手指の振戦を認める

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【5】

バセドウ病は、血中にTSHレセプター抗体ができることが原因とされています。この抗体が甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)を異常に刺激した為に、甲状腺ホルモンが過剰に出てしまい、機能が亢進してしまう病気です。症状は、甲状腺肥大、眼球突出などがみられます。

1.体重は、減少します。

2.脈拍数は、増加します。

3.代謝が亢進する為に、よく汗をかくようになります。

4.血清 TSH 値は減少します。

5.手指の振戦を認めます。この記述が正解です。
評価後のアイコン
2015/01/18 11:49
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
バセドウ病では甲状腺刺激ホルモン(TSH)の受容体に対する自己抗体が生じ、それがTSH受容体を過剰に刺激する為、甲状腺ホルモンが必要以上に産生されています。
甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を高めるホルモンである為、代謝が亢進し、様々な症状が生じます。

1、誤りです。
代謝が亢進する為、体重は減少します。

2、誤りです。
心機能が亢進し、脈拍数は増えます。

3、誤りです。
新陳代謝が活発化し、発汗量は増えます。

4、誤りです。
甲状腺ホルモンの量が過剰になる為、脳下垂体はTSH分泌を弱め、血清TSH値は低下します。

5、正しいです。
過剰の甲状腺ホルモンが交感神経β受容体を増加させる為、振戦が生じます
評価後のアイコン
2014/11/29 11:36
ID : sbsbrdfeu
評価する
0
評価しない
正解:5

バセドウ病は甲状腺ホルモンの過剰な分泌により発症します。基礎代謝が亢進しβ受容体の増加が見られるため、体重減少、発汗、頻脈、手指振戦などの症状が現われます。
また、負のフィードバックによりTSHの分泌は低下します。
評価後のアイコン
2017/08/01 23:20
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。