過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

骨粗しょう症の治療薬のうち、エストロゲン受容体に直接作用する薬物はどれか。1つ選べ。

 1 . 
デノスマブ
 2 . 
テリパラチド
 3 . 
イプリフラボン
 4 . 
ラロキシフェン塩酸塩
 5 . 
アルファカルシドール
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【4】

1.デノスマブは、骨を血中に吸収する破骨細胞の活性化にプラリア皮下注の標的であるRANKリガンドが関わっており、骨を吸収することを抑えます。

2.テリパラチドは副甲状腺ホルモンが関与しており、骨が新しく作る細胞を働きかけることにより骨形成の促します。

3.プリフラボンは、イソフラボン誘導体で、カルシウムが血中に溶け出すことを抑制したり、骨を丈夫にするカルシトニンの分泌を促進します。

4.ラロキシフェン塩酸塩は、エストロゲンに作用し、骨にあるカルシウムが血液に溶け出すのを防ぐ骨吸収抑制作用があります。骨の密度が増加します。

5.アルファカルシドールは、ビタミンD3製剤です。ビタミンD受容体に結合で作用することによって、カルシウムが吸収しやすくなり、また骨芽細胞を活発にし、骨形成を促します。

2015/01/18 20:41
ID : zgrptkxfgo
0

1、デノスマブは抗RANKLモノクロナール抗体です。
破骨細胞の活性化には破骨細胞表面のRANK(receptor activator of NF-κB)と骨細胞が産生するRANKL(RANK ligand)の結合が必要であり、これを阻害する事で、骨吸収を抑制します。

2、テリパラチドはヒト副甲状腺ホルモン製剤です。
副甲状腺ホルモンを持続的に刺激すると骨形成より骨吸収が促進して骨量が減少します。
ところが、間欠的に刺激すると骨形成が促進されます。
テリパラチドは間欠的に投与する事で、骨形成を促進します。

3、イプリフラボンは女性ホルモン様作用を示すフラボノイドです。
骨に直接作用して骨吸収を抑制し、エストロゲンのカルシトニン分泌促進作用を増強します。

4、ラロキシフェンはSERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)で、組織特異的にエストロゲン受容体のアゴニストやアンタゴニストとして作用します。
(骨・脂質代謝にはアゴニストとして、子宮内膜・乳房組織にはアンタゴニストとして作用)
骨のエストロゲン受容体にアゴニストとして作用し、骨吸収を抑制します。

5、アルファカルシドールは活性型ビタミンD3製剤で、腸管からのCa吸収を促進します。


よって、直接エストロゲン受容体に作用しているのは4のラロキシフェンになります。

2014/11/29 12:12
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。