薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16541問 出題

問題

我が国において健康被害をもたらし社会問題となった。薬物とその症状あるいは疾病の組合わせのうち、正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
サリドマイド - ショック死
 2 . 
クロロキン - 慢性肝炎
 3 . 
キノホルム - 知覚神経障害
 4 . 
ペニシリン - 四肢奇形
 5 . 
ソリブジン - 網膜症

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:3

1 サリドマイドは妊婦への投与によりアザラシ肢症を引き起こしました。

2 クロロキンは網膜症が問題となりました。

3 キノホルムはスモンが問題となりました。スモンは知覚神経障害を引き起こします。

4 ペニシリンはショック死が問題となりました。

5 ソリブジンは5-FUとの併用による重篤な血液障害が問題となりました。
評価後のアイコン
2017/08/10 00:37
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【3】

1.サリドマイドは妊婦への投与により催奇形性を引き起こしました。

2.クロロキンは網膜症を引き起こしました。クロロキン網膜症には治療法がなく、中止しても視覚障害が進行したとのことです。

3.キノホルムは神経障害を引き起こしました。薬害スモンとも呼ばれ、腹痛、しびれ、倦怠感、歩行困難などのほかに、視力障害なども発生しました。

4.ペニシリンはショック死を引き起こしました。有名人がこれで亡くなって、実は他にもたくさんの方が亡くなっていたことが判明して問題となりました。

5.ソリブジンは、5-FUとの併用で重篤な血液障害を引き起こました。
評価後のアイコン
2016/09/03 01:43
ID : ukamahrst
評価する
0
評価しない
正解【3】

1.サリドマイド はアザラシ肢症です。

2.クロロキンは網膜症です。

3.キノホルムはスモン(亜急性・脊髄・視神経・末梢神経)です。この記述が正しいです。

4.ペニシリンはショック死です。

5.ソリブジンは5-FU系薬剤の骨髄抑制です。
評価後のアイコン
2015/01/15 21:28
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。