薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16551問 出題

問題

表面・界面張力に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
表面・界面張力は表面・界面過剰ギブズ自由エネルギーとして表すことができ、その単位は J/m2 で表される。
 2 . 
油滴が水中に存在するとき、サイズが小さい油滴ほどエネルギー的に安定である。
 3 . 
界面活性剤とは、表面・界面過剰ギブズ自由エネルギーを増大させる化合物の総称である。
 4 . 
食塩水は、純水に比べて表面張力が大きい。
 5 . 
ヘキサンは、純水に比べて表面張力が大きい。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【1・4】

1.表面張力の単位は、J/m2が用いられます。

2.油滴は疎水性であるので、小さい油滴な程エネルギーは不安定になります。

3.界面活性剤は一つの分子の中に親水基と疎水基をもつ化合物です。よって表面・界面張力は減少させます。

4.食塩水のような界面不活性物質は、内部よりも溶液表面の溶質濃度が低く、表面張力は濃度に依存して少しずつ増加します。

5.水同士の結合の方が強い力であるので、水の表面張力の方が、ヘキサンの表面張力に比べて大きいといえます。
評価後のアイコン
2015/01/17 20:51
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.4

1 表面・界面張力の単位はJ/m2で表されます。

2 油滴はサイズが小さいほど化学ポテンシャルが大きくなり不安定になります。

3 界面活性剤は表面・界面過剰ギブズ自由エネルギーを低下させます。

4 食塩水は解離することで水分子を引き付けるため、表面張力をわずかに上昇させます。

5 ヘキサンは水よりも表面張力は低い物質です。
評価後のアイコン
2017/08/13 00:11
ID : vycbkjhj
評価する
0
評価しない
正解【1,4】

2.サイズが小さい油滴ほど、大きい油滴より水と接する割合が大きくなりますので、より不安定です。

3.界面活性剤は表面・界面張力を減少させます。

5.水は水素結合という分子間の結合があるため、ヘキサンより表面張力が大きくなります。
評価後のアイコン
2016/09/03 23:03
ID : ukamahrst
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。