過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

乳酸脱水素酵素(lactatedehydrogenase:LDH)は下記の反応を触媒する酵素である。

図1は、ヒト心臓の細胞質にあるLDHのアイソザイムを用いて、さまざまなpHの溶液中でピルビン酸(P)からL一乳酸(L)が生成する反応(P→L)、あるいはL-乳酸からピルビン酸が生成する反応(L→P)について調べたときの酵素活性の相対値を示している。
また、図2は、NAD+とNADHの吸収スペクトルを示している。

L-乳酸を基質として血清中の本酵素の活性を測定するとき、方法と考察に関する記述のうち適切でないのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
反応液は、血清(被検試料)、L-乳酸、NAD+及び緩衝液から成る。
 2 . 
試料である血清を加えない反応液を調製し、これについても同様に測定する。
 3 . 
活性測定に用いる緩衝液のpHは、8.5に調整する。
 4 . 
一定時間反応させた後、反応液の340nmの吸光度の減少を測定する。
 5 . 
血清中の本酵素の活性は、心臓傷害の指標になると考えられる。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:4

1 LDHの含まれている反応式の左辺にあるL-乳酸、NAD+、血清中の酵素活性の測定に必要な血清(被検試料)、pH変化を抑えるための緩衝液から成る反応液を用いて測定します。

2 測定の対象は血清中のLDH活性のみですが、反応液に加えた緩衝液が測定に影響する可能性もあります。
この影響を確認するために、試料を加えない反応液と加えた反応液とで、それぞれ測定する必要があります。

3 図1よりL→Pへの反応は、pH8.5の時に最も活性が高くなっています。
よって緩衝液のpHは8.5に調製します。

4 反応後は、NAD+からNADHが生成されるため、NADHは増加します。
よって反応液の340nmの吸光度の増加を測定する必要があります。

5 LDHは逸脱酵素の一種であり、心筋梗塞などにより値が上昇するため、指標として用いられます。

2017/06/13 21:45
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【4】
1.正しい記述です。

2.正しい記述です。

3.正しい記述です。

4.一定時間反応し、NADH + H+ を生成することから340nmの吸収度は上昇します。
 
5.正しい記述です。

2015/02/24 23:38
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。