過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

小児の髄膜炎による死亡や後遺症を予防することを目的として、平成25年から定期接種が行われることになったワクチンはどれか。2つ選べ。

 1 . 
不活化ポリオワクチン
 2 . 
麻しん・風しん混合ワクチン
 3 . 
インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン
 4 . 
ヒトパピローマウイルスワクチン
 5 . 
小児用肺炎球菌ワクチン
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3.5

1 ポリオウイルスに感染すると、脊髄に入ったウイルスにより麻痺が起こる可能性があります。
平成24年から定期予防接種となりました。
四種混合ワクチンとして摂取を受けることとなっています。

2 麻しん・風しんは、その名の通り、麻しんや風しんを予防するためのワクチンで、年に2回の定期予防接種が勧められています。

3 インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンは、感染により脳や脊髄にウイルスが入り込み、重い後遺症が残る可能性があるため、平成25年より定期予防接種が推奨されています。

4 ヒトパピローマウイルスワクチンは、子宮頸がんの予防を目的として、平成25年より定期予防接種が推奨されていますが、ワクチンとの因果関係を否定できない疼痛が見られたことから、現在は積極的な摂取の推奨はされていません。

5 小児用肺炎球菌ワクチンは、インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンと同じく、感染により脳や脊髄にウイルスが入り込み、重い後遺症が残る可能性があるため、平成25年より定期予防接種が推奨されています。

2017/06/20 17:05
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【3・5】
インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは、感染したきっかけで髄膜炎肺炎など重篤な疾患を引き起こすことがあります。これらを予防するために平成25年から定期接種として行われています。
ヒトパピローマウイルスワクチンは子宮頸がんワクチンです。地方自治体によって定期でないところがあります。

2015/03/01 21:19
ID : zgrptkxfgo
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。