薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16592問 出題

問題

農薬とその急性中毒に対する処置・解毒法の組合せのうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
パラコート - 酸素吸入
 2 . 
ジクロルボス - アトロピンの投与
 3 . 
カルバリル - プラリドキシムヨウ化物(PAM)の投与
 4 . 
塩基性硫酸銅 - ペニシラミンの投与
 5 . 
硫酸タリウム - メチレンブルーの投与

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.4

1 パラコートには、有効な治療法がまだありません。
酸素吸入をすると、パラコートによる肺障害が悪化する可能性があるため、禁忌です。

2 ジクロルボスは、コリンエステラーゼの活性を阻害し、アセチルコリンの働きを強めます。
アトロピンを投与することで、このアセチルコリンが受容体に結合するのを防ぐことができるため、有機リン剤やカルバメート剤の解毒に用いられます。

3 カルバリルは、コリンエステラーゼのセリン残基とカルバモイル結合をすることで活性を低下させ、中毒症状を引き起こします。
PAMにはコリンエステラーゼ賦活作用がありますが、これはリン酸化されたコリンエステラーゼを回復させるもので、カルバモイル結合されたコリンエステラーゼを賦活させるものではありません。

4 ペニシラミンはキレート剤であり、銅や水銀とキレートを形成することで解毒作用を示します。

5 硫酸タリウムの解毒には、プルシアンブルーが用いられます。
メチレンブルーは、メトヘモグロビン血症の解毒に用いられるものです。
評価後のアイコン
2017/06/20 17:48
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2・4】
1.パラコートの処置・解毒法は、洗浄、輸液、血液浄化などを行います。高濃度の酸素投与は禁忌とされています。よって誤りです。

2.正しい記述です。ジクロルボスの処置・解毒法は、アトロピンの投与の他に酸素投与、呼吸管理、ヨウ化プラリドキシムなどを行います。

3.カルバリルの処置・解毒法は、胃洗浄、下剤投与、硫酸アトロピン投与などを行います。プラリドキシムヨウ化物(PAM)の投与は、PAMはカーバメート剤には結合しないので無効です。また現在PAMは有害とされています。

4.正しい記述です。

5.硫酸タリウムの処置・解毒法は、胃洗浄の他、フェロシアン化鉄の投与、強制利尿などを行います。
評価後のアイコン
2015/02/18 23:26
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。