薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16597問 出題

問題

廃棄物処理に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
我が国の一般廃棄物最終処分場の残余容量と残余年数は、2000年以降減少し続けている。
 2 . 
産業廃棄物の処理は、直接再生利用、中間処理(減量化と再生利用)、最終処分に分けられ、総排出量の約50%が最終処分されている。
 3 . 
産業廃棄物の不法投棄を防止するため、産業廃棄物の処理を委託する排出業者には、マニフェストの交付が義務付けられている。
 4 . 
PRTR 制度は、第一種指定化学物質と第二種指定化学物質の両方に適用される。
 5 . 
海洋への廃棄物投棄及び、有害廃棄物の越境移動を防止するための国際的対応として、ロンドン条約及びバーゼル条約がそれぞれ締結されている。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解【3・5】

1.一般廃棄物最終処分場の残余容量は減少、残余年数は増加しています。

2.産業廃棄物の処理は、総排出量に対する最終処分は約10%です。

3.正しい記述です。

4.PRTR制度の化学物質は、第一種指定化学物質に適用されます。

5.正しい記述です。
評価後のアイコン
2015/02/20 21:37
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:3.5

1 残余容量、残余年数とは、現存する最終処理場が満杯になるまでの残りの容量、年数のことです。
2000年以降、残余容量は減少し、残余年数は増加しています。

2 産業廃棄物の52%が再生利用されています。最終処分されているのは5%です。

3 産業廃棄物の不法投棄を防止するため、マニフェストの交付が義務付けられています。
この制度は、産業廃棄物の排出事業者が、有害廃棄物の処理のプロセスを最後までチェックする仕組みになっています。

4 PRTR制度では、第一種指定化学物資のみを対象としています。

5 ロンドン条約は、廃棄物などの海洋投棄を規制する国際条約です。
バーゼル条約は、有害廃棄物の国境を越える移動、及びその処分に関する条約です。
評価後のアイコン
2017/06/20 22:58
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。