過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

毒物及び劇物取締法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
薬剤師は毒物劇物取扱責任者になることができる。
 2 . 
毒物劇物営業者は、交付を受ける者が18歳未満でないことを事前に確認すれば、ナトリウム、ピクリン酸など、引火性、発火性もしくは爆発性のある毒物又は劇物として政令で定められたものを交付することができる。
 3 . 
特定毒物は、製剤をあせにくい黒色に着色しなければ販売してはならない。
 4 . 
シアン化合物を業務上使用する電気めっき業の事業者は、都道府県知事に所定の事項を届け出なければならない。
 5 . 
毒物劇物営業者が政令で定める技術上の基準に従って毒物又は劇物を廃棄する際には、都道府県知事への届け出が必要である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【1・4】
1.正しい記述です。毒物及び劇物取締法第8条の毒物劇物取扱責任者の資格に規定では、薬剤師は、毒物劇物取扱責任者になる資格があります。

2.毒物及び劇物取締法第15条によれば、18歳未満の者の他に、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者、心身の障害で措置を適正に行うことができない者も含まれます。また交付を受ける者の氏名及び住所を確認しなければなりません。

3.着色は黒だけではなく、赤や青、黄などあります。

4.正しい記述です。

5.第15条2によれば、政令で定める技術上の基準に従って破棄の方法をすれば、破棄してもよいと定められています。よって届け出は不要です。

2015/02/22 21:48
ID : zgrptkxfgo
0

薬剤師が毒物劇物取扱責任者を届け出る場合は、薬剤師免許証によって証明すればよい。

政令の定める特定事業のために特定の毒物や劇物を取り扱う者は都道府県知事に所定の事項を届け出る必要があり、具体的には、電気メッキ、金属熱処理、大量運送、しろあり防除の4事業のために、シアン化ナトリウム(青酸ナトリウム)などを取り扱う場合が該当する(施行令第41条、第42条)。

2015/02/02 12:40
ID : ddcqkdqna
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。