薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16605問 出題

問題

わが国の医療保険制度の説明として、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
基本的にすべての国民が何らかの医療保険制度に加入する国民皆保険である。
 2 . 
加入者は、全国のすべての医療機関で療養の給付を受けることができる。
 3 . 
加入者が納めた保険料に応じて、給付される療養の種類に違いがある。
 4 . 
保険で給付される療養と保険外で給付される療養を併用できる場合がある。
 5 . 
75歳以上の者は、保険料を負担しない制度に加入する。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この薬剤師 過去問の解説(4件)

評価する
0
評価しない
正解:1.4

1 国民皆保険制度とは、原則として、すべての国民に何らかの医療保険制度に加入させる制度のことです。

2 療養の給付は、すべての医療機関ではなく、保険医療機関及び保険薬局で受けることができます。

3 保険料は収入により異なりますが、保険料によって療養の給付の範囲は変わりません。

4 保険で給付される療養と、保険外で給付される療養を、併用できる場合があります。

5 75歳以上の者は、原則として、後期高齢者医療制度に加入します。
これには保険料がかかります。
評価後のアイコン
2017/06/22 20:56
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【1・4】
1.正しい記述です。

2.保険医療機関でなければ、療養の給付を受けることができません。

3.納めた保険料によって、給付される療養の種類に違いはありません。

4.正しい記述です。

5.75歳以上になると後期高齢者医療制度へ加入します。保険料は、年金から特別徴収されますので、保険料を負担しない制度はありません。
評価後のアイコン
2015/02/22 22:25
ID : zgrptkxfgo
評価する
0
評価しない
選択肢1
医療保険制度とは、我が国ではすべての国民が何らかの公的医療保険制度に加入する国民皆保険として制定されている。

選択肢4
健康保険においては、保険が適用されない保険外診療があると、保険が適用される診療も含めて医療費の全額が自己負担となる。但し例外として、保険外診療を受ける場合、厚生労働大臣の定める「評価療養」と「選定療養」については保険診療との併用が可能とされている。
評価後のアイコン
2015/02/02 12:51
ID : ddcqkdqna
評価する
0
評価しない
選択肢1
医療保険制度とは、我が国ではすべての国民が何らかの公的医療保険制度に加入する国民皆保険として制定されている。

選択肢4
健康保険においては、保険が適用されない保険外診療があると、保険が適用される診療も含めて医療費の全額が自己負担となる。但し例外として、保険外診療を受ける場合、厚生労働大臣の定める「評価療養」と「選定療養」については保険診療との併用が可能とされている。
評価後のアイコン
2015/02/02 12:51
ID : ddcqkdqna
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。