過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

薬物の経口吸収動態についての記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
インドメタシンファルネシルは、高脂肪食を摂取した後に服用すると、脂肪成分と結合するため、吸収量が減少する。
 2 . 
リファンピシンの反復投与により、小腸上皮細胞の P -糖タンパク質の発現が誘導され、ジゴキシンの吸収量が増大する。
 3 . 
リボフラビンは、十二指腸付近のトランスポーターにより吸収されるので、プロパンテリン臭化物の併用により吸収量が増大する。
 4 . 
セファレキシンの吸収は、ペプチドトランスポーター PEPT1 を介したNa+との共輸送により行われる。
 5 . 
グリセオフルビンは、その粒子径が小さいほど有効表面積が大きく、溶解が速いため、吸収速度が大きい。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3.5

1 インドメタシンファルネシルは脂溶性が高いので、高脂肪食の摂取により、胆汁酸の分泌が促進され、吸収が増大します。

2 リファンピシンはP-糖タンパク質の発現を誘導するため、P-糖タンパク質によって消化管管腔に排泄されるジゴキシンの吸収量は、減少します。

3 リボフラビンは、小腸上部のトランスポーターから能動的に吸収されます。
プロパンテリンなどの抗コリン薬の摂取により、消化管運動が抑制されると、小腸上部を普段よりゆっくり通過します。
すると、トランスポーターの飽和が起こりにくくなるため、吸収が増大します。

4 セファレキシンの吸収は、ペプチドトランスポーターPEPT1を介したH+との共輸送により行われます。Na+ではありません。

5 有効面積とは、薬物の面積のうち溶解に寄与する面積のことで、その薬物の粒子径が小さいほど、有効表面積が大きなります。
そのため、溶解が速くなり、吸収速度が大きくなります。

2017/06/29 01:57
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【3・5】
1.インドメタシンファルネシルは、高脂肪食摂取後に服用したのち、作用が増大します。

2.リファンピシンの反復投与によって小腸上皮細胞の P -糖タンパク質の発現が誘導し、ジゴキシンの吸収量は減少します。

3.正しい記述です。

4.セファレキシンの吸収は、ペプチドトランスポーターPEPT1がNa+との共輸送するのではなく、H+ 濃度勾配を駆動力とする二次性能動輸送体です。

5.正しい記述です。

2015/03/13 22:22
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。