過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

下図は薬物と血漿タンパク質との結合実験の結果から得られた両逆数プロットである。
この薬物の血漿タンパク質に対する結合定数 K ((μ mol/L)-1)として最も近い値はどれか。1つ選べ。
ただし、図中の r は、血漿タンパク質1分子あたりに結合している薬物の分子数を[Df](μ mol/L) は非結合形薬物濃度を示す。

 1 . 
25
 2 . 
50
 3 . 
100
 4 . 
125
 5 . 
250
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解【4】
結合形濃度/血漿タンパク質濃度 
r=nK・(Df)/1+K(Df)
逆数に直すと、
1/r=1/n・K×1/(Df)+1/n
グラフから
y=切片、直線の傾きは、1/n・K、x切片はーKになります。
グラフからx切片は約-125であるため、K=125 ((μ mol/L)-1)となり、選択肢4が正解です。

2015/03/13 23:09
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。