薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16625問 出題

問題

下図は薬物と血漿タンパク質との結合実験の結果から得られた両逆数プロットである。
この薬物の血漿タンパク質に対する結合定数 K ((μ mol/L)-1)として最も近い値はどれか。1つ選べ。
ただし、図中の r は、血漿タンパク質1分子あたりに結合している薬物の分子数を[Df](μ mol/L) は非結合形薬物濃度を示す。
問題文の画像
 1 . 
25
 2 . 
50
 3 . 
100
 4 . 
125
 5 . 
250

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解【4】
結合形濃度/血漿タンパク質濃度 
r=nK・(Df)/1+K(Df)
逆数に直すと、
1/r=1/n・K×1/(Df)+1/n
グラフから
y=切片、直線の傾きは、1/n・K、x切片はーKになります。
グラフからx切片は約-125であるため、K=125 ((μ mol/L)-1)となり、選択肢4が正解です。
評価後のアイコン
2015/03/13 23:09
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:4

グラフは両辺逆数プロットです。
縦軸の切片の逆数→結合部位数
横軸の切片→結合定数K

傾きは1/n・Kで表すことができます。

グラフを見るとy切片が1なのでn =1
n =2の時、横軸は目視でおよそ125であるので
選択肢4の125が正解となります。
評価後のアイコン
2017/06/29 02:10
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。