薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16639問 出題

問題

66歳男性。労作性狭心症のため、2週間前にカテーテル治療(Percutaneous coronaryintervention,PCI)を受けステントを挿入された。
その後退院し、外来受診となった。
本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
脂質検査はすべて正常であり、アトルバスタチンカルシウム水和物の投与を中止する。
 2 . 
血糖はコントロール不良なので、経口糖尿病用薬の追加が必要である。
 3 . 
クロピドグレル硫酸塩の血小板凝集抑制作用は、CYP2C19 遺伝子多型により変動する。
 4 . 
アスピリンによる消化性潰傷の副作用に注意が必要である。
 5 . 
抗血小板薬の併用の必要はない。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解【3・4】
1.脂質検査は、正常範囲内です。
・LDL <140 ㎎/dL
・HDL 40< ㎎/dL
・中性脂肪 50~150㎎/dL
あくまでアトルバスタチンカルシウム水和物を服用している状態で、正常範囲内であるために投与を中止せずに、服薬は継続すると考えられます。

2.血糖コントロールは良好です。
・空腹時血糖値 60~100 ㎎/dL
・HbA1c 4.3~6.5%(1~2ヶ月前の血糖コントロールの状態)
コントロールをしっかりしていることから、追加で薬剤の投与をする必要がありません。

3.正しい記述です。

4.正しい記述です。

5.心筋梗塞のリスクを下げるためにも抗血小板薬は必要だと考えます。
評価後のアイコン
2015/03/27 22:52
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:3.4

1 脂質検査の正常値は、それぞれ以下の通りす。
・LDL 140 ㎎/dL以下
・HDL 40㎎/dL以上
・中性脂肪 50~150㎎/dL

すべて正常範囲内ではありますが、これはアトルバスタチンを飲んでいるため正常に保たれているので、投与は中止すべきではありません。
また、アトルバスタチンは、心血管リスクを持つ患者の動脈硬化の予防に有効であるとされています。

2 血糖値の正常値は以下の通りです。
空腹時血糖値 126mg/dL以下
HbA1c 6.1%
HbA1c 6.5%

本症例では、全て基準値を下回っているため、経口糖尿病用薬の追加は必要ありません。

3 クロピドグレルは、CYP2C19によって代謝され、活性型になります。
日本人の約20%が、CYP2C19の代謝機能が欠損している遺伝子型を持っています。

4 アスピリンなどのNSAIDsの副作用として、消化性潰瘍があります。

5 ステント留置後は血栓症を起こす可能性があるため、抗血小板薬の投与は必須となっています。
評価後のアイコン
2017/07/12 22:39
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。