過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

60歳男性。5年前に肝硬変と診断され、1年前から腹水が認められるようになった。3日前から、軽度の意識障害を認めるようになったため来院した。来院時、診察所見として、羽ばたき振戦を認めた。この患者において、意識障害の軽減が期待できる経口製剤はどれか。2つ選べ。

 1 . 
ランソプラゾール錠
 2 . 
スピロノラクトン錠
 3 . 
カナマイシンー硫酸塩カプセル
 4 . 
ウルソデオキシコール酸錠
 5 . 
ラクツロースシロップ
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【3・5】

1.ランソプラゾール錠は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに用いる薬剤です。

2.スピロノラクトン錠は、水分を排出し、血圧を下げる薬剤で、浮腫や高血圧症などに用います。

3.正しい記述です。

4.ウルソデオキシコール酸錠は、胆汁の分泌を促進することにより胆汁の流れをよくする薬剤で、慢性肝疾患、C型慢性肝疾患などに用いられます。

5.正しい記述です。 ラクツロースシロップは、高アンモニア血症などの薬剤で、精神神経障害、手指振戦、脳波異常などに用います。

2015/04/06 00:10
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。