過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

腎機能が低下している患者において、腎機能を急激に悪化させる危険性が高い処置はどれか。2つ選べ。

 1 . 
生理食塩液の点滴静脈注射
 2 . 
アセトアミノフェン錠による鎮痛
 3 . 
イオパミドール注射液を用いた胸部CT検査
 4 . 
プラゾシン塩酸塩錠による降圧
 5 . 
ゲンタマイシン硫酸塩注射液による感染症治療
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解【3・5】
1.生理食塩水は危険性を高めることはありません。

2.アセトアミノフェン錠は肝臓で代謝する薬剤ですので、危険性を高めることは少ないと考えられます。

3.正しい記述です。イオパミドールは、腎臓で排泄する薬剤ですので、腎機能を急激に悪化させる危険性が高いといえます。

4.プラゾシンは肝臓で代謝する薬剤です。
腎機能を急激に悪化の危険性を高める可能性は
低いといえます。

5.正しい記述です。ゲンタマイシンは腎臓に毒性を持たらす薬剤なので、腎機能を急激に悪化の危険性を高める可能性は高いといえます。

2015/03/27 23:10
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。