過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(物理・化学・生物/実務、衛生/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

84歳男性。急性膵炎で緊急入院し、注射用ナファモスタットメシル酸塩10mgを投与することになった。

ナファモスタットメシル酸塩製剤に亜硫酸塩を含む注射剤を混合した場合、及び混合しない場合の残存率の経時変化を求めた(図 1)。
また、PH と分解速度定数との関係も求めた(図2)。
これらのデータから考えられることはどれか。2つ選べ。
ただし、これらの実験は37℃で行った。

 1 . 
残存率の対数と時間との間に直線関係が認められることから2次反応とみなすことができる。
 2 . 
 3 . 
亜硫酸塩なし、pH5~7の範囲において加水分解反応は酸触媒作用により促進される。
 4 . 
亜硫酸イオンは、触媒作用により分解速度を増大させる。
 5 . 
図のデータから加水分解反応の活性化エネルギーを求めることができる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2・4】
1.残存率の対数と時間との間に直線関係は、2次反応ではなく、1次反応です。

2.正しい記述です。

3.触媒作用は、pHが上がると低下します。よってpHが上がる程、分解速度が速くなっていることにより、触媒作用ではないと考えられます。

4.正しい記述です。

5.活性化エネルギーの式は、lnk=-E/RT+lnA
ですが、設問から37℃で変化もなく一定であった為に、この図のデータからは活性化エネルギーを求めることは出来ません。

2015/04/05 22:39
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。