薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16665問 出題

問題

61歳男性。2日ほど前から左側腹部に軽度の癌痛があり、皮疹が認められた。
帯状庖疹と診断され、以下の薬剤が処方された。
なお、検査値を確認したところ、ASTは31 IU/L、ALTは23 IU/L、クレアチニンクリアランスは40mL/minであった。

これらの処方について、提案すべき処方変更として最も適切なのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
バラシクロビル塩酸塩錠556mgの用法を1回2錠(1日4錠)、1日2回、朝夕食後投与に変更する。
 2 . 
バラシクロビル塩酸塩錠556mgの用法を1回3錠(1日9錠)、1日3回、朝昼夕食後投与に変更する。
 3 . 
バラシクロビル塩酸塩錠556mgをアシクロビル錠400mgに変更し、用法はそのままとする。
 4 . 
アセトアミノフェン錠300mgをロキソプロフェンナトリウム水和物錠60mgに変更し、用法はそのままとする。
 5 . 
アセトアミノフェン錠300mgをチアラミド塩酸塩錠100mgに変更し、用法はそのままとする。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:1

クレアチニンクリアランスの正常値の範囲は、約90~110ml/minであるため、この患者の腎機能は低下していると考えられます。

腎機能の低下している患者にバラシクロビルを投与する場合は、投与間隔を延長するなどの措置が必要です。

評価後のアイコン
2017/07/13 17:21
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
クレアチニンクリアランスがかなり低く、腎機能が低下していると考えられます。
バラシクロビルは腎排泄型の薬剤のため、腎機能に応じて投与の仕方を調整する必要があります。
よって、正解は選択肢1です。
評価後のアイコン
2015/11/26 17:15
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。