薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16677問 出題

問題

65歳男性。一過性脳虚血発作と診断され、血栓・塞栓の治療のため以下の薬剤が処方された。
本薬剤の服用にあたり、患者に対する服薬指導として適切でないのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
服用開始後2ヶ月間は、定期的に検査を行う必要があるので、原則として2週間に1回受診してください。
 2 . 
発熱、倦怠感などの症状が現れた場合には、服用を中止し、直ちに医師又は薬剤師に連絡してください。
 3 . 
手術や歯の治療を受ける場合、この薬を飲んでいることを医師又は歯科医師に伝えてください。
 4 . 
この薬の服用期間中は、市販のクロレラ食品や青汁の摂取を避けて下さい。
 5 . 
風邪などで他の薬を薬局で購入する場合は、この薬を飲んでいることを薬剤師に伝えてください。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:4

1 チクロピジンの代表的な副作用に消化管出血、脳出血などがあります。そのため、投与開始後2ヶ月は2週間に1度、血液検査を行う必要があります。

2 チクロピジンの副作用として、だるさ、食欲不振、発熱などが出る場合があります。そのような症状が出た際は服用を中止し、直ちに医師又は薬剤師に連絡する必要があります。

3 チクロピジンは、血小板凝集抑制作用により血液凝固を抑制します。そのため手術等を受ける場合は、施術日の7日~10日前には服用を中止する必要があります。

4 クロレラや青汁にはビタミンKが含まれています。ワルファリンを服用中の方は摂取を控える必要があります。

5 風邪の症状で他の薬を使う際、アスピリン等を同時に服用してしまうと、チクロピジンの作用を増強するおそれがあります。
評価後のアイコン
2017/07/21 02:00
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1,2: ⚪︎
チクロピジンの重大な副作用である肝障害などは、投与開始後2ヶ月間で起こる頻度が高いため、このような指導をします。

選択肢3: ⚪︎
血流を良くする薬のため、出血しやすくなってしまうので、このような指導をします。

選択肢4: ×
チクロピジンではなく、ワーファリン服用時の指導です。

選択肢5: ⚪︎
風邪薬に含まれることがあるアスピリンなどとの併用は、できるだけ避けたほうが良いです。
評価後のアイコン
2015/08/21 12:17
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。