過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(物理・化学・生物/実務、衛生/実務)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

大気中には、花粉や土壌、ディーゼル排気粒子など、様々な種類の粒子状物質が存在し、これらを吸入すると有害作用が現れることがある。
大気中に浮遊する粒子状物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
環境基準が定められている「浮遊粒子状物質」は、粒径が10μm以下の粒子のことである。
 2 . 
2000年以降、浮遊粒子状物質の環境基準達成率は、10%程度で推移している。
 3 . 
環境基準が定められている「微小粒子状物質」は、粒径が0.1μm以下の粒子のことである。
 4 . 
ハイボリュームエアサンプラーは、浮遊粒子状物質の試料採取に使われる装置の1つである。
 5 . 
非分散型赤外分析法は、浮遊粒子状物質の定量に用いられる方法の1つである。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:1、4

1 環境基準が定められている「浮遊粒子状物質」は、粒径が10μm以下の粒子のことです。PM10とも呼ばれます。

2 2000年以降、浮遊粒子状物質の環境基準達成率は高い時で90%以上で推移しています。

3 環境基準が定められている「微小粒子状物質」は、粒径が2.5μm以下の粒子のことを指します。PM2.5とも呼ばれます。

4 ハイボリュームエアサンプラーにより、浮遊粒子物質が測定されます。

5 非分散型赤外分析法は、一酸化炭素の定量に用いられます。

2017/07/27 04:07
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

選択肢1: ⚪︎

選択肢2: ×
環境基準達成率は90%を超えています。

選択肢3: ×
微小粒子状物質はPM2.5と呼ばれ、粒径2.5μm以下の粒子物質です。

選択肢4: ⚪︎

選択肢5: ×
非分散型赤外線分光法はCO、CO2、SO2、NOなどの
濃度を測定する方法です。

2015/09/01 15:52
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。