過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

37歳男性。食欲不振、消化不良の症状があった。
自らの判断で、六君子湯(ニンジン、ハンケ、ブクリョウ、ソウジュヅ、タイソウ、チンピ、カンゾウ、ショウキョウ)を購入し、服用していた。
しかし、下血を伴う下痢と腹痛を繰り返すようになり、近医を受診したところ、潰傷性大腸炎と診断され、以下の薬剤が処方された。
処方された薬剤及び六君子湯に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
六君子湯は、グレリンの分泌を介して食欲不振などの胃腸症状を改善する。
 2 . 
サラゾスルファピリジンは、腸内細菌により、5-アミノサリチル酸とスルファピリジンに分解される。
 3 . 
サラゾスルファピリジンは、潰傷性大腸炎以外に消化性潰傷の治療に用いられる。
 4 . 
プレドニゾロンは、コルチゾールに比べ、鉱質コルチコイド作用が強く、糖質コルチコイド作用が弱い。
 5 . 
治療を長期間継続する場合には、サラゾスルファピリジンを徐々に減量してプレドニゾロンによる維持療法とする。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1、正しいです。
グレリンは食欲増進作用を持つホルモンで、六君子湯はグレリン分泌を促進します。
癌化学療法での食欲不振の改善等で利用されています。

2、正しいです。
サラゾスルファピリジンは腸内細菌により5-アミノサリチル酸とスルファピリジンに分解されます。
主に5-アミノサリチル酸が潰瘍性大腸炎に効果を発揮するとされていますが、はっきりとした結論は出ていません。
(未変化体のサラゾスルファピリジンも効果に寄与しているとの説もあります)

3、誤りです。
サラゾスルファピリジンは免疫系に作用する事で潰瘍性大腸炎の炎症を抑えます。
病態が異なる消化性潰瘍に対しては効果がなく、むしろ悪化させる可能性があります。
(サラゾスルファピリジンの重篤な副作用の一つに消化性潰瘍があります。)

4、誤りです。
逆です。プレドニゾロンはコルチゾールに比べ、糖質コルチコイド作用が強く、鉱質コルチコイド作用が弱いです。
プレドニゾロン等、治療に用いられるステロイドの抗炎症作用は糖質コルチコイド作用によるものです。


5、誤りです。
ステロイドは長期投与で副作用を生じる可能性がある為、症状が改善すれば漸減中止をするのが望ましいとされてます。
プレドニゾロンを徐々に減量して、サラゾスルファピリジンによる維持療法とするのが適切です。

2014/11/19 00:56
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。