薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16709問 出題

問題

37歳女性。脂質異常症のため病院で以下の薬剤が処方されている。
ピタバスタチンなどのスタチン系薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
3-ヒドロキシー3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)還元酵素を非競合的に阻害する。
 2 . 
肝細胞膜表面の低密度リポタンパク質(LDL)受容体を増加させ、血中からの LDLコレステロール取り込みを促進する。
 3 . 
血中トリグリセリド濃度には影響しない。
 4 . 
肝細胞以外で、高密度リポタンパク質(HDL)受容体を増加させ、血中 HDL コレステロールを低下させる。
 5 . 
重大な副作用として、横紋筋融解症を引き起こすことが報告されている。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
1、誤りです。
スタチン系薬は3-ヒドロキシー3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)還元酵素を「競合的」に阻害します

2、正しいです。
スタチン系薬はHMG-CoAを阻害する事で、肝臓でのコレステロールの生合成を低下させます。
肝臓での生合成が低下した分、それを補う為、コレステロールの血中からの取り込みを増やそうとします。取り込みを増やすため、肝細胞表面の低密度リポタンパク質(LDL)受容体が増加します。

3、誤りです。
スタチンにはVLDL(コレステロールとトリグリセリド(TG)が含まれる)分泌抑制作用があり、血中へのTGの放出を抑制する為、血中TG濃度を低下させます。

(但し、スタチンの種類により、TG低下作用の強さは異なります。また、分泌を抑制作用以外に間接的なTG生合成阻害作用もあるとの報告がありますが、はっきりとしたことはまだわかりません)

4、誤りです。
HDLは体の中の過剰なコレステロールを回収し、肝臓に戻す役割を持っています。
肝臓内のコレステロールがHMG-CoA阻害作用により低下する為、体の中から回収しそれを補おうと、血中HDLコレステロールが増加します。

5、正しいです。
スタチンの重大な副作用として、横紋筋融解症が有名です。
評価後のアイコン
2014/11/19 23:27
ID : sbsbrdfeu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2.5

ピタバスタチンはスタチン系薬で、作用機序は以下の3つです。

①HMG-CoA還元酵素の競合的阻害
②LDL受容体を増加させ、血中から肝へLDLコレステロール、トリグリセリドの取り込みを促進
③血中HDL上昇


1 HMG-CoA還元酵素の阻害は、非競合的ではなく、競合的に働きます。

2、3は作用機序②の記述を参考にしてください。

4 血中のHDLは上昇します。

5 スタチン系薬の副作用として、横紋筋融解症が表れることがあります。フィブラート系薬との併用により、更にこの副作用の発生率が増加するので、注意が必要です。
評価後のアイコン
2017/05/30 23:48
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。