薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16713問 出題

問題

80歳女性。軽度のアルツハイマー型認知症と診断され、ドネペジル塩酸塩(5mg/日)で内服治療を続けてきた。
認知症が進行し、10mg/日に増量しても効果が認められなかった。
そのため医師より中等度から高度アルツハイマー型認知症の適応をもつ併用可能な薬剤の相談を受けた。

推奨すべき薬剤の成分はどれか。1つ選べ。
 1 . 
ガランタミン臭化水素酸塩
 2 . 
リバスチグミン
 3 . 
メチルフェニデート塩酸塩
 4 . 
メマンチン塩酸塩
 5 . 
アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:4

1 ガランタミンはコリンエステラーゼ阻害薬であり、中等度のアルツハイマー型認知症の進行抑制に用いられます。

2 リバスチグミンはコリンエステラーゼ阻害薬であり、中等度のアルツハイマー型認知症の進行抑制に用いられます。

3 メチルフェニデートはドパミン、及びノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、神経系の機能を亢進させるナルコレプシーの治療薬です。

4 メマンチンはNMDA受容体拮抗薬であり、高度のアルツハイマー型認知症の進行抑制に用いられます。ドネペジルとの併用により、ドネベジル単剤使用の時よりも有意に進行を抑制すると言われています。

5 アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物は、血管拡張作用により各種臓器への血流を増加させます。
頭部外傷後遺症に伴う諸症状の改善や、メニエール病の治療などに用いられます。
評価後のアイコン
2017/06/01 01:53
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
現在発売されている認知症治療薬は大きく2つに分類できます。
・コリンエステラーゼ阻害薬(ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン)
・NMDA受容体拮抗薬(メマンチン)

コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬は併用できますが、コリンエステラーゼ阻害薬同士の併用は出来ません。

コリンエステラーゼ阻害薬のドネペジルが既に処方されている為、併用可能なのは4のメマンチンになります。
評価後のアイコン
2014/11/21 13:28
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。