薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16736問 出題

問題

22歳女性。
中等度のアトピー性皮層炎にて受診している。
今回、顔面、頚部、体幹、腕等に炎症を認めたため、次の薬剤が処方された。

ヒルドイドローション0.3%に含まれる添加物とその役割との組み合わせのうち、正しいのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
(添加物)グリセリン、(役割)緩衝剤
 2 . 
(添加物)パラオキシ安息香酸エチル、(役割)保存剤
 3 . 
(添加物)セタノーノレ、(役割)抗酸化剤
 4 . 
(添加物)白色ワセリン、(役割)乳化剤
 5 . 
(添加物)モノステアリン酸グリセリン、(役割)等張化剤

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
選択肢1:×
グリセリンは等張化剤として用いられます。

選択肢2:○

選択肢3:×
セタコールは抗酸化剤ではなく、乳化剤や界面活性剤などで用いられます。

選択肢4:×
白色ワセリンは乳化剤ではなく、保湿剤として用いられます。

選択肢5:×
モノステアリン酸グリセリンは等張化剤ではなく、乳化剤です。
評価後のアイコン
2015/09/28 10:27
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2

1 グリセリンは保湿剤や軟膏の基剤として用いられます。

2 パラオキシ安息香酸エチルは保存剤として用いられます。

3 セタノールは乳化安定補助剤や軟膏の基剤として用いられます。

4 白色ワセリンは皮膚の保護剤や軟膏の基剤として用いられます。

5 モノステアリン酸グリセリンはw/o型の乳化剤として用いられます。
評価後のアイコン
2017/06/05 02:49
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。