薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16745問 出題

問題

65歳女性。身長160cm、体重50kg。てんかんの既往があり、現在フェニトイン100mg錠を1回1錠、1日2回朝夕食後服用している。
34歳時に子宮筋腫の手術を受け輸血された。
55歳からC型慢性肝炎による代償期肝硬変の診断で、近医に通院していた。
今回、以下の薬剤が追加となった。

この処方に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
溶解する水は、80℃以上の湯を用いる。
 2 . 
溶解後、室温で24時間まで保存できる。
 3 . 
溶解後の浸透圧が高いので下痢に注意する。
 4 . 
主成分は芳香族アミノ酸である。
 5 . 
この処方だけで一日に必要な熱量を摂取できる。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:3

1 アミノレバンENは高温のお湯で溶かすとタンパク質が変性してしまうため、水または約50℃の温湯で溶かします。

2 溶解後は10時間以内に服用する必要があります。保存する場合は室温ではなく冷所で保存します。

3 アミノレバンENの主な副作用として下痢、発疹、吐き気などがあります。

4 主成分は分岐鎖アミノ酸です。分岐鎖アミノ酸は肝性脳症の予防に用いられます。

5 アミノレバンEN 1袋で約200kcalしか補充することができません。
評価後のアイコン
2017/06/06 01:25
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1:×
アミノレバンENは水かぬるま湯に溶かしてから飲みます。
タンパク質の変質を避けるため、熱湯は使用しません。

選択肢2:×
溶解後は冷蔵庫に保存し、10時間以内に使用しなければいけません。

選択肢3:○

選択肢4:×
主成分は芳香族アミノ酸ではなく、分岐鎖アミノ酸です。

選択肢5:×
1包200kcalなので、1日分の熱量を摂取することはできません。
評価後のアイコン
2015/09/28 17:10
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。