過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

75歳男性。アレルギー性鼻炎のため耳鼻科を受診後、保険薬局で以下の処方せんの調剤薬を受け取り、夕方から服薬を開始した。翌日午前中に、尿が出にくくなったと訴えて、この薬局に相談に来た。
この患者が病院を受診した。
直腸診で、弾性があり硬い腫癌が直腸前壁に触知された。
最も疑われる疾病と当該疾病の診断が確定したときの治療薬の組み合わせとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
直腸がん - フルオロウラシル
 2 . 
直腸がん - イリノテカン塩酸塩水和物
 3 . 
前立腺肥大症 - デュタステリド
 4 . 
前立腺肥大症 - フルタミド
 5 . 
腎不全 - シラザプリル水和物
 6 . 
腎不全 - ロサルタンカリウム
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

直腸診の結果より、直腸がんや前立腺肥大が考えられます。
→選択肢5,6は×

疾患と治療薬の組み合わせを見てみると、フルタミド(オダイン)は前立腺肥大ではなく前立腺がんの治療薬などで誤りです。
→選択肢4は×

直腸がんの治療薬について見てみると、1種類ではなくレジメンで示されるべきだと考えられます。
→選択肢1、2は×

以上より正解は選択肢3です。

2015/09/29 12:28
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。