過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の薬物の過量投与時の対応・処置に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
(過量薬物名)炭酸リチウム、(対応・処置)排泄を促進するため補液、利尿薬の投与
 2 . 
(過量薬物名)フェノバルビタール、(対応・処置)排泄を促進するため塩化アンモニウムの投与
 3 . 
(過量薬物名)ジアゼパム、(対応・処置)解毒薬としてナロキソン塩酸塩の投与
 4 . 
(過量薬物名)ヘパリンナトリウム、(対応・処置)解毒薬としてプロタミン硫酸塩の投与
 5 . 
(過量薬物名)カプトプリル、(対応・処置)解毒薬として塩化カリウムの投与
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】1,4

【選択肢に対する説明】
 1:正.炭酸リチウムの解毒剤は存在しないため、炭酸リチウム過量投与時は、補液や利尿薬によって薬の排泄を促します。

 2:誤.フェノバルビタールは酸性薬物であるため、炭酸水素ナトリウムで尿をアルカリ化することで、尿中排泄を促します。他に利尿薬を用いて尿中排泄を促す方法もあります。

 3:誤.ジアゼパムを過剰投与した場合は、ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬であるフルマゼニルを投与します。
   ナロキソンはオピオイドμ受容体拮抗薬で、モルヒネなどの麻薬の過量投与時に用います。

 4:正.ヘパリンナトリウムを過量投与すると出血傾向になるため、ヘパリンとイオン結合し安定複合体を形成するプロタミンを投与します。

 5:誤.カプトプリルを過量投与すると低血圧を引き起こすため、生理食塩液を投与し体液量を増加させ血圧を回復します。
   カプトプリルの副作用に高カリウム血症があり、塩化カリウムを投与するとこの副作用が生じやすくなるため不適切です。

2016/09/30 08:29
ID : stygaxnzvy
0

1:正解です。
炭酸リチウムは躁病治療薬です。
炭酸リチウムを過剰投与すると「リチウム中毒」になり消化器症状・傾眠・錯乱・運動障害・発熱・発汗などの症状が生じます。
炭酸リチウムの解毒剤は存在しないため、リチウム中毒になった場合は休薬し、利尿薬や補液によって薬の排泄を促さなければなりません。

2:誤りです。
フェノバルビタールはバルビツール酸系抗てんかん薬です。
これを過剰投与すると中心神経系や心血管系を抑制し、眠気・眼振・運動失調が起こり、重度の中毒では昏睡状態に陥ります。
フェノバルビタールは酸性薬物であるため、炭酸水素ナトリウム投与で尿をアルカリ化すると分子形分立が低下します。
これにより再吸収が抑制されることで尿中排泄が促進されます。
また利尿薬を用いて尿中排泄を促す方法もあります。

3:誤りです。
ジアゼパムはベンゾジアゼピン系睡眠薬です。
ジアゼパムを過剰投与した場合は、ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬であるフルマゼニルを投与します。
ナロキソンはオピオイドμ受容体拮抗薬で、モルヒネなどの麻薬の解毒剤です。

4:正解です。
ヘパリンナトリウムはトロンビン依存性血液凝固阻害薬です。
ヘパリンナトリウムを過剰投与すると出血傾向になるため、ヘパリンとイオン結合し安定複合体を形成するプロタミンを投与する必要があります。

5:誤りです。
カプトプリルはアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬で、高血圧に用いられます。
これを過剰投与すると低血圧を引き起こすため、処置として生理食塩液を投与し体液量を増加させ血圧を回復します。
カプトプリルの副作用には高カリウム血症があり、塩化カリウムを併用するとこの副作用が生じやすくなるため不適切です。

2015/04/15 14:52
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。