過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師の過去問 第100回 薬学理論問題(薬理) 問149

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
受容体刺激薬と遮断薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
   1 .
刺激薬のpD2値が大きいほど、効力が小さい。
   2 .
pA2値は、競合的遮断薬の効力を示す。
   3 .
受容体に結合した競合的遮断薬は、高濃度の刺激薬を共存させても受容体から解離しない。
   4 .
遮断薬のうち、アロステリック部位に結合するものを、競合的遮断薬という。
   5 .
部分刺激薬は、完全刺激薬により生じる最大反応を減弱させる。
( 薬剤師国家試験 第100回 薬学理論問題(薬理) 問149 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。