過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20824問」を出題

問題

[ 設定等 ]
土量の変化率に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
土量の変化率には、掘削・運搬中の損失及び基礎地盤の沈下による盛土量の増加は原則として含まれていない。
   2 .
土量の変化率は、実際の土工の結果から推定するのが最も的確な決め方である。
   3 .
岩石の土量の変化率は、測定そのものが難しいので、施工実績を参考にして計画し、実状に応じて変化率を変更することが望ましい。
   4 .
土量の変化率Lは、土の配分計画を立てるときに必要であり、土量の変化率Cは、土の運搬計画を立てるときに用いられる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
1、設問の通り。

2、設問の通り。

3、設問の通り。

4、誤り。
土量の変化率Cが、土の配分計画を立てるときに必要であり、土量の変化率Lは、土の運搬計画を立てるときに用いられます。設問では説明が反対。
ワンポイントアドバイス
・地山土量=そのままの状態=掘削土量(掘削予定土量だと思うと理解しやすい)
・ほぐし土量=掘削した後の状態=運搬土量(トラックに積載する)
・締固め土量=締固めた後の状態=盛土土量(建設現場で盛土して締固める)
C=締固め土量/地山土量で求められ、L=ほぐし土量/地山土量で求められる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
〇土は掘削した時(=ほぐした状態)、締め固めた状態(=締固め状態)でボリュームが変化します。

ほぐし率Lは、土の運搬計画を立てる時に用います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。